Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156279.pdf ( 480.5KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルZnS : Mn 薄膜のエレクトロルミネセンス
タイトルヨミZnS : Mn ハクマク ノ エレクトロ ルミネセンス
タイトル別表記Electroluminescence in ZnS : Mn Films
作成者原田, 光文
西田, 宏
倉田, 勝正
宮田, 直之
三宅, 清司
作成者ヨミハラダ, ミツフミ
サイタ, ヒロシ
クラタ, カツマサ
ミヤタ, ナオユキ
ミヤケ, キヨシ
作成者別表記Harada, Mitsufumi
Saita, Hiroshi
Kurata, Katsumasa
Miyata, Naoyuki
Miyake, Kiyoshi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)ZnS : Mn powder phosphors were prepared by firing of ZnS (99.9%)-Mn. MnCl_2 or Mn (CH_3COO)_2 was utilized as Mn activator. The concentration of Mn was 0.1 wt.%, 0.55 wt.%, and 5 wt.%. For the fired ZnS : Mn powder, a broad-band photoluminescent emission peaking at 5800A was observed by ultraviolet excitation. Structure of EL cell used in this study was a (Al)-(ZnS : Mn)-(In-Sn oxide) layer type. The films were deposited by evaporation of ZnS : Mn materials from quartz crucible in vacuum. A broadband electroluminescent emission peaking at 5800A was observed under electric field more than 2-7×(10)^5 V/cm applicable to ZnS : Mn layer. EL brightness follows the relation B∝V-1/2 and also increases with frequency of AC voltage. Electroluminescent mechanism is believed to the direct impact ionization of Mn centers.
本文言語jpn
主題電気電子工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
30
1
開始ページ99
終了ページ104
発行日1979
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156279
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156279