Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000157142.pdf ( 878.4KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル視覚情報を利用した触覚形状呈示装置の試作
タイトルヨミシカク ジョウホウ オ リヨウシタ ショッカク ケイジョウ テイジ ソウチ ノ シサク
タイトル別表記A TRIAL OF TACTILE CURVED SURFACE DISPLAY WITH USING VSISUAL INFORMATION
作成者呉, 景龍
佐々木, 英人
川村, 貞夫
作成者ヨミササキ, ヒデト
カワムラ, サダオ
作成者別表記Wu, Jing-Long
Sasaki, Hideto
Kawamura, Sadao
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)一般に,触覚形状情報を呈示することは困難である。一方,心理学の研究より人間の視触覚は錯覚・融合特性が存在している。つまり,人間は正確な触覚情報を呈示されていなくとも視触覚を通じて実物体の曲面を認識している。そこで,人間の視触覚の錯覚・融合特性を利用して触覚ディスプレイの簡略化を図ることができる。このような目的から人間の視触覚融合領域を調べ,定量的に解析した。この結果に基づいて,4種類の曲率パターンをもった触覚ユニットが作られている。本研究では,親指,人差し指および中指を用いて物体を掴む場合を想定している。これらの指の軌道を測定し,軌道モデルを設計した。さらに,軌道モデル上を移動する機構や回転する機構をもつ3個の触覚ユニットをもった触覚形状呈示装置を試作した。
本文言語jpn
著者キーワードHuman Visual and Tactile Sensory Fusion
Curved Surface Recognition
Virtual Reality
Tactile Curved Surface Display
主題機械工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
49
1
開始ページ21
終了ページ27
発行日1998
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000157142
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000157142