Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156700.pdf ( 607.0KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル膜冷却過程における不均一性の発生機構 : 第 1 報 自己保存条件下の平面壁面噴流の基本特性と装置の性能
タイトルヨミマクレイキャク カテイ ニオケル フキンイツセイ ノ ハッセイ キコウ ダイ 1 ホウ ジコ ホゾン ジョウケンカ ノ ヘイメン ヘキメン フンリュウ ノ キホン トクセイ ト ソウチ ノ セイノウ
タイトル別表記On the Mechanism of Origin of the Non-uniformity in the Film-Cooling Process : 1st Report, Fundamental Properties of the Plane Wall Jet in the Self-Preserving State and Performance of the Experimental Equipment
作成者大坂, 英雄
加藤, 泰生
山田, 英巳
望月, 信介
佐藤, 恒徳
作成者ヨミオオサカ, ヒデオ
カトウ, ヤスオ
ヤマダ, ヒデミ
モチズキ, シンスケ
サトウ, ツネノリ
作成者別表記Osaka, Hideo
Katoh, Yasuo
Yamada, Hidemi
Mochizuki, Shinsuke
Sato, Tsunenori
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)A new wind tunnel for the plane wall jet researches was constructed and examined in order to investigate the mechanism of origin of the non-uniformity in the film-cooling process. The design of the contraction, nozzle portion, settling chamber, diffuser, fans and motors is described in detail. The quantities measured with a linearized hot-wire anemometer were the mean velocity, the turbulence intensities and the Reynolds shear stress. The turbulence, as well as the mean flow, reached a selfpreserving state in which the ratio of the maximum velocity to the free stream velocity was 4.1. From the preliminary experiments, it may be right to considered that this wind tunnel has an extensive usefulness for an experimental research for the plane wall jet in the self-preserving state.
本文言語jpn
主題機械工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
39
1
開始ページ7
終了ページ15
発行日1988
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156700
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156700