Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000155520.pdf ( 321.7KB ) 公開日 2010-04-19
タイトルジチゾンを捕集剤として使用する高品位銅亜鉛硫化鉱の浮選試験
タイトルヨミシチゾン オ ホシュウザイ トシテ シヨウ スル コウヒンイ ドウ アエン リュウカコウ ノ フセン シケン
タイトル別表記Flotation Test of Copper-Zinc Sulfide Ore by Zithizone
作成者城, 温三
作成者ヨミジョウ, オンゾウ
作成者別表記Jyo, Onzo
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)The difference of floatability between copper and zinc sulfide minerals is comparatively small, therefore, zinc content in copper concentrate is comparatively large in common floatation process. Author intended to improve this defect by using zithzone as collector. Main results obtained are as follows. 1) Zithizone has comparatively strong collecting action on copper and zinc sulfide minerals and its consumption is about 1 gm per ton. 2) In order to decrease zinc content in copper concentrate, it is necessary to use sodium cyanide, zinc sulfate and hydrogen sulfide as depressing reagent, and also to regulate the concentration of hydrogen sulfiide in pulp in a narrow range. 3) A pH of 4.5 to 5 is recommended for copper circuit
本文言語jpn
主題材料工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
15
1
開始ページ11
終了ページ14
発行日1965
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000155520
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000155520