Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル水田における窒素の効果的な利用に関する研究 : II.水稲収量に及ぼす窒素肥料の深層点状施肥と施肥時期の影響
タイトルヨミスイデン ニオケル チッソ ノ コウカテキ ナ リヨウ ニ カン スル ケンキュウ : IIスイトウシュウリョウ ニ オヨ ボス チッソヒリョウ ノ シンソウテンジョウセヒ ト セヒジキ ノ エイキョウ
タイトル別表記Studies on N-Efficiency Improvement under Flooded Conditions : II. Effects of Point Placement and Tmings of Nitrogen Application on the Yield of Rice
作成者丸本, 卓哉
東, 俊雄
作成者ヨミマルモト, タクヤ
ヒガシ, トシオ
作成者別表記Marumoto, Takuya
Higashi, Toshio
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)本試験は East-West Center (ホノルル,ハワイ) の East-West Food Institute (1977年に East-West Resource Systems Institute となった)において,東アジアを中心に1974年より行なっている Feertilizer INPUT (Increasing Productivity Under Tight Supplies) Project の試験研究の一部として行なったものである。1975~1976年にかけて行なわれた水稲部門の試験結果によれば,基肥に対する尿素や尿素泥団子の深層点状施肥および IB や SCU などの緩効性窒素肥料の施肥は,従来の全層施肥に比べて水稲による窒素利用率が極めて高く,また,収量に対しても効果的であることが示された。これらの結果に基づいて,次年度の試験に関する会議が1977年5月,タイ国,チェン・マイ大学で開かれ,“水稲収量に及ぼす窒素肥料の深層点状施肥と施肥時期の影響”に関する試験を行なうことが決められた。1975年に山口大学農学部附属農場水田で行なった上記圃場試験の結果の概要は以下のとおりである。(以下,略)
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
29
開始ページ1
終了ページ12
発行日1978
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490029000001
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490029000001