Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルFusobacterium necrophormの牛における分布
タイトルヨミFusobacterium necrophorm ノ ウシ ニオケル ブンプ
タイトル別表記Distribution of Fusobacterium necrophorum in Bovine Alimentary Tracts
作成者鹿江, 雅光
今川, 浩
戸田, 光敬
作成者ヨミカノエ, マサミツ
イマガワ, ヒロシ
トダ, ミツヨシ
作成者別表記Kanoe, Masamitsu
Imagawa, Hiroshi
Toda, Mitsuyoshi
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)F.necrophorum は牛の肝腫瘍の主要な原因菌と考えられているが,該動物における本菌の生態はあまり明らかではない。今回,本菌分離のための培地の検討ならびに牛の消化管,内臓腫瘍および廐舎周囲の土壌における分布状況を調査したところ,以下のような成績をえた。比較検討した選択分離培地のうち,5%血液加変法FM培地(BFM)が F. necrophorum の選択性ならびに増殖性に関して最もよい成績を示した。そこで本培地により菌の分離を試みたところ,健康牛の第一胃より126例中63例,口腔より47例中4例,十二指腸より16例中1例,盲腸より16例中1例,結腸より16例中1例,直腸より16例中1例,糞便より148例中1例ならびに内臓腫瘍16例中11例から本菌が検出された。一方,土壌材料から本菌は分離されなかった。次に,第一胃液中における F. necrophorum の菌数を検討したところ,10^3~10^6/mlであった。分離菌株は,菌形態,集落性状,結球凝集性,液体培地における発育性ならびに0.1%寒天加培地中における集落性状等により Biovariety A および同 B に鑑別された。このうち, Biovariety A に属する株は第一胃液より17株ならびに内臓腫瘍より10株認められた。一方, Biovariety B に属する株は第一胃液より50株,消化管下部より5株ならびに上記腫瘍から1株検出された。(昭和50年6月30日受理)
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
26
開始ページ161
終了ページ172
発行日1975
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490026000007
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490026000007