Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル鮪の全身性アミロイド症と肝吸虫症が合併した1例
タイトルヨミマグロ ノ ゼンシンセイ アミロイド ショウ ト カンキュウチュウショウ ガ ガッペイ シタ 1 レイ
タイトル別表記Complication of Generalized Amyloidosis and Clonorchis sinensis Infestation in a Cat
作成者佐藤, 昭夫
井上, 誠
堺, 俊治
石黒, 秀雄
梶山, 松生
作成者ヨミサトウ, アキオ
イノウエ, マコト
サカイ, トシハル
イシグロ, ヒデオ
カジヤマ, マツオ
作成者別表記Sato, Akio
Inoue, Makoto
Sasaki, Toshiharu
Ishiguro, Hideo
Kajiyama, Matsuo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)肝吸虫がわが国の多くの県に広く分布していることは周知の事実である。山口県下でも昭和39年夏,岡山大学医学部で組織された「中国地方肝吸虫調査団」の来県により,新たに山口市名田島地区において肝吸虫の第一中間宿主たるマメタニシの棲息が確認され,その後の検査によって同地区が本吸虫の濃厚浸淫地帯であることが証明された。さらに猫が肝吸虫の重要な終宿主の一つであることも知られており,この両者の関係を調査した報告は多いが,その患畜についての病理学的所見に関する詳細な記載はない。また家畜におけるアミロイド症は一般に想像されているほど稀れな疾患ではないといわれているが,猫の本症例は比較的すくなく,わが国では中松らの一例報告があるにすぎない。著者らは最近,全身性アミロイド症と肝吸虫の重度寄生を合併した症例を剖検する機会に恵まれたので,主としてその病理組織学的所見に報告した。
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
23
開始ページ579
終了ページ590
発行日1972
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490023000010
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490023000010