Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル巨細胞の増殖を伴ったイヌの多形性細網細胞肉腫の1例
タイトルヨミキョサイボウ ノ ゾウショク オ トモ ナッタ イヌ ノ タケイセイサイモウサイボウニクシュ ノ 1 レイ
タイトル別表記Pleomorphic Reticulum Cell-Sarcoma with Proliferation of Giant Cells in a Dog
作成者佐藤, 昭夫
井上, 誠
作成者ヨミサトウ, アキオ
イノウエ, マコト
作成者別表記Sato, Akio
Inoue, Makoto
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)家畜に好発する腫瘍の一つとされているリンパ系統の腫瘍については,種々の異なった命名のもとに先人によって幾多の報告がなされている。リンパ組織の腫瘍はその起源は同じで種々の移行型が存在することから細かい分類は必要ないともいわれているが,現在では一般に悪性リンパ腫(Malignant lymphoma) なる名称が広く用いられるようになり,そこに出現している主な細胞の形態などから,1)リンパ球型,2)組織球型,3)杵細胞型および4)Hodgkin 型の4型に細分類されいる。今回は,9才,雌の English Setter の腫間膜および胸腔内リンパ節,小腸粘膜固有層のリンパ濾胞などに多中心性に発生し,肝,腎,胸壁内面に移転したリンパ組織由来の腫瘍を報告した。その組織学的特徴は多形性を示す巨細胞の出現で,一般にみれれるイヌのこの腫の腫瘍の組織像とは明らかに異なるものであった。このような巨細胞の出現を伴なうリンパ組織の腫瘍として,ヒトの場合では Hodgkin 氏病が考えられる。しかしながら本例では,線維化の傾向,リンパ球増殖,好酸球や形質細胞の浸潤などの所見に乏しい上に,出現した巨細胞も Sternberg-Reed 型細胞とするにはあまりに異型的すぎる点などを考慮して表題の如く診断した。
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
22
開始ページ317
終了ページ328
発行日1971
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490022000010
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490022000010