Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000156131.pdf ( 890.5KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル山口大学流体工学実験室境界層用風胴について
タイトルヨミヤマグチ ダイガク リュウタイ コウガク ジッケンシツ キョウカイソウ ヨウ フウドウ ニ ツイテ
タイトル別表記Boundary layer wind tunnel of Hydraulic Laboratory in Yamaguchi Univ
作成者大坂, 英雄
飯山, 和友
山内, 義裕
久保川, 孝俊
作成者ヨミオオサカ, ヒデオ
イイヤマ, カズトモ
ヤマウチ, ヨシヒロ
クボカワ, タカトシ
作成者別表記Osaka, Hideo
Iiyama, Kazutomo
Yamauchi, Yoshihiro
Kubokawa, Takatoshi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)For the purpose of the experimental investigation of turbulent boundary layers, the boundary layer wind tunnel which is of some size for the one, was projected to make at the Hydraulic Laboratory in Yamaguchi University. From the detailed measurement of mean velocity and wall shear stress, careful consideration was given about two-dimensionality of flow fields and boundary layer development. The followings were revealed. 1) Setting up the reformed honeycombs, the flow fields become nearly two-dimensional in the range of z=±300mm. 2) In the case of natural transition, the boundary layer is equilibrium in the region lower than x≒600mm. From the results mentioned above, it may be right to consider that this wind tunnel has a thorough accuracy and an extensive usefulness for experimental researches for boundary layers.
本文言語jpn
主題工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
27
1
開始ページ23
終了ページ34
発行日1976
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000156131
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000156131