Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルオオヨコバイとその卵寄生蜂の生態 : 2.卵寄生蜂の種類組成と季節消長
タイトルヨミオオヨコバイ トソノ ランキセイバチ ノ セイタイ : 2ランキセイバチ ノ シュルイソセイ ト キセツショウチョウ
タイトル別表記Ecological studies on the green leafhopper, Tettigella viridis LINNE and its egg parasitoids. : 2. Species composition and seasonal occurrence of the parasitoids.
作成者三浦, 一芸
矢野, 宏二
作成者ヨミミウラ, カズキ
ヤノ, コウジ
作成者別表記Miura, Kazuki
Yano, Koji
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)Tethigella viridis L_<INNE> オオヨコバイとその卵寄生蜂群の両者の動態並びに相互関係を明らかにする研究の一環として,オオヨコバイの卵寄生蜂の種類組成と季節消長を調査した。1983年1月から1984年9月までの期間,山口市の山口大学農学部附属農場のクワ畑で,クワと下草を対象に定期定量すくい取りを実施したほか,クワ,イグサ,イタリアンライスグラスとイヌビエに産付されていたオオヨコバイの卵塊を採集し,次の結果を得た。1. 調査したオオヨコバイの卵から羽化した卵寄生蜂は次の2科6種であった。 Mymaridae ホソハネヤドリコバチ科 Gonatocerus cicadellae N_<IKOLSKAYA>, Anagrus sp. A, Anagrus sp. B Trichogrammatidae タマゴヤドリコバチ科 Oligosita krygeri G_<IRAULT>, Oligosita sp., Paracentrobia andoi (I_<SHII>) トビイロウンカタマゴバチ このうち, G. cicadellae と O. krygeri 以外の種はオオヨコバイの卵寄生蜂としては日本から初めて記録された。これら6種のうち, G. cicadellae と O. krygeri の2種が優占種であった。また Anagrus spp. (A,B) は共寄生であったが,その他の主は単寄生であった。(以下,略)
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
35
開始ページ1
終了ページ8
発行日1987
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490035000001
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490035000001