Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000155836.pdf ( 299.5KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル電気炉鉱滓の細骨材としての利用に関する研究
タイトルヨミデンキロ コウサイ ノ サイコツザイ トシテノ リヨウ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル別表記Studies on Utilization of Electric Furnace Slag as Sand in Cement Mortar
作成者田代, 忠一
山田, 均
作成者ヨミタシロ, チュウイチ
ヤマダ, ヒトシ
作成者別表記Tashiro, Chuichi
Yamada, Hiroshi
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)This paper deals with the effect of the electric furnace slag sand on the strength of cement mortar cured in ordinary and steam conditions. The strength of cement mortar using slag sand is developed more than that used Toyoura standard sand at age of all days. Also, the slag sand treated with 0.5% H_2SO_4 or 1% NaOH solution is more effective for develoment of mortar strength. It has been shown that the sand crushed from electric furnace slag is useful for mortar and concreat.
本文言語jpn
著者キーワードDigital design
CAD
HDL
VHDL
FPGA
KITE board
主題材料工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
21
3
開始ページ319
終了ページ324
発行日1971
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000155836
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000155836