Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLKJ00000155500.pdf ( 382.8KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル水素-塩素ガス電池に関する研究
タイトルヨミスイソ エンソ ガス デンチ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル別表記Studies on the Hydrogen-Chlorine Gas Cell
作成者今川, 博
名倉, 征治
是石, 元
田中, 良枝
作成者ヨミイマガワ, ヒロシ
ナグラ, セイジ
コレイシ, ハジメ
タナカ, ヨシエ
作成者別表記Imagawa, Hiroshi
Nagura, Seiji
Koreishi, Hajime
Tanaka, Yoshie
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)著者らは水素と塩素を用いて塩酸を合成する反応のエネルギーを電力として回収することを目的としてこの研究を行った.用いた電極は円筒状に成型, 焼成した炭素電極で, 内径20mm, 肉厚4mm, 有効長80mmである.電解液はIN塩酸溶液を用いた.この電池を放電させる場合の放電電流と両極の分極の状態, 白金による電極の賦活, パラフインによる電極の防水効果, 電池の作用温度と分極の関係, 供給する水素, 塩素の圧と分極の関係などを測定した.塩素極は水素極に比しはるかに活性が高く白金賦活や防水を必要としないが, 水素極は必ずこれを必要とする.また塩素は電解液に対する溶解度が高いため液中を拡散して直接水素極上で反応する難点があるが, 白金を含ませた素焼円筒で水素極を囲むことによりこれを防止した.
本文言語jpn
主題化学工学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0372-7661
NCIDAN00244228
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
14
1
開始ページ65
終了ページ70
発行日1964
著者版/出版社版出版社版
備考本文データは国立情報学研究所において電子化したものである
リポジトリIDKJ00000155500
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/KJ00000155500