Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2008010103.pdf ( 521.5KB ) 公開日 2010-04-16
タイトル非単調アナログ値連想記憶モデルにおける分岐とアトラクタ共存
タイトルヨミヒタンチョウ アナログチ レンソウ キオク モデル ニオケル ブンキ ト アトラクタ キョウゾン
タイトル別表記Bifurcations and coexistence of attractors for a nonmonotonic sequential associative memory model with analogue neurons
作成者橋口, 健一
川村, 正樹
作成者ヨミハシグチ, ケンイチ
カワムラ, マサキ
作成者別表記Hashiguchi, Kenichi
Kawamura, Masaki
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
内容記述(抄録等)非単調素子をもつ連想記憶モデルでは想起過程にカオス的な振舞いが見られるため、ダイナミックスの解析が重要となる。これまでに、素子の状態が2値をとる絶対零度モデルと有限温度モデルの分岐構造が明らかになっている。しかしながら、実数値をとるアナログ値素子の場合の分岐構造は解析されていない。2値素子とアナログ値素子では素子の状態を決める出力関数が±1の2値のみをとるか、区間(-1,1)の連続値をとることが異なるため、系の振舞いが大きく異なる。本論文では、アナログ値素子をもつ非単調系列想起型連想記憶モデルの解析を行う。2値素子と同様に、アナログ値素子でも記憶パターンに対応する不動点の周辺に準周期アトラクタやカオスアトラクタが出現する。しかしながら、アナログ値モデルの場合、2値モデルでは見られない共存領域が存在する。そこで、アナログ値モデルの分岐図を構成し、相空間全域におけるアトラクタの生成と消滅過程を明らかにする。また、アトラクタが共存するパラメータ領域において、アトラクタの引込領域を調べ、引込領域が複雑な構造をしていることを示す。
本文言語jpn
著者キーワード連想記憶モデル
アナログ値ニューロン
カオス
非単調素子
分岐
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者電子情報通信学会
出版者ヨミデンシ ジョウホウ ツウシン ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN1880-4535
NCIDAA12099634
掲載誌名電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
掲載誌名別表記The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)
J89-D
9
開始ページ2123
終了ページ2133
発行日2006-09
関連情報URL(IsPartOf)http://search.ieice.org/index.html
権利関係copyright c2008IEICE
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2008010103
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010103