Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル胃・十二指腸潰瘍の背景因子の検討
タイトルヨミイ ジュウニシチョウ ツイヨウ ノ ハイケイ インシ ノ ケントウ
タイトル別表記Back ground Factors of Peptic Ulcer
作成者音成, 龍司
榊, 信廣
飯田, 洋三
青沼, 久美子
荻野, 昌昭
門, 裕二
新開, 恭司
名和田, 浩
広田, 和子
安永, 満
作成者ヨミネチゲ, リュウジ
サカキ, ノブヒロ
イイダ, ヨウゾウ
アオヌマ, クミコ
オギノ, マサアキ
カド, ユウジ
シンカイ, ヤスシ
ナワタ, ヒロシ
ヒロタ, カズコ
ヤスナガ, ミツル
作成者別表記Nechige, Ryuji
Sakaki, Nobuhiro
Iida, Yozo
Aonuma, Kumiko
Ogino, Masaaki
Kado, Yuji
Shinkai, Yasushi
Nawata, Hiroshi
Hirota, Kazuko
Yasunaga, Mituru
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)The factoer which could be thought the back ground of peptic ulcer were examined by the functional test of digestive tract and a questionnaire obtained from the man diagnosed by endoscopy. As a result, duodenal ulcer is associated with gastric acid secretion and gastric atrophic pattern, and gastric ulcer tends to be associated with body weight. Moreover, nervousness, smoking, and ABO blood groups tend to be associated with both deudenal ulcer and gastric ulcer On the contrary, alcohol, coffee or tea, and the irregularity of diet are not associated with peptic ulcer.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
30
4
開始ページ455
終了ページ462
発行日1981-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030030000410
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030030000410