Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2008010102.pdf ( 586.7KB ) 公開日 2010-04-16
タイトル経路積分法による系列想起モデルの想起過程
タイトルヨミケイロ セキブンホウ ニヨル ケイレツ ソウキ モデル ノ ソウキ カテイ
タイトル別表記Transient dynamics of sequential associative memory model by the path-integral method
作成者川村, 正樹
岡田, 真人
作成者ヨミカワムラ, マサキ
オカダ, マサト
作成者別表記Kawamura, Masaki
Okada, Masato
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
内容記述(抄録等)系列想起モデルにおける想起過程の厳密解を議論する。連想記憶モデルの想起過程を解析するための理論として、経路積分法や統計神経力学が提案されている。経路積分法は厳密解を与える理論であるが、系列想起モデルでは、定常状態しか議論されていない。我々は想起過程を議論するために、クロストークノイズの時間相関に注目し、過渡状態を含むすべての場合に適応可能な厳密解を求めた。驚くべきことに、クロストークノイズがガウス分布に従うと仮定した統計神経力学の結果とこの厳密解は一致する。クロストークノイズの正規性を調べるために、クロストークノイズ分布のキュムラントの時間発展を調べた。その結果、パターンを想起することに失敗した場合においても、3次と4次のキュムラントは0になっており、クロストークノイズが常にガウス分布に従っていることを確認した。また、理論と計算機シミュレーションより得られる想起過程の結果は一致している。更に、巨視的な不安定定常状態がセパラトリックスに完全に一致していることがわかった。
本文言語jpn
著者キーワード経路積分法
統計神経力学
系列想起モデル
想起過程
厳密解
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者電子情報通信学会
出版者ヨミデンシ ジョウホウ ツウシン ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0915-1923
NCIDAA11340957
掲載誌名電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理
掲載誌名別表記The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II
J84-D2
10
開始ページ2302
終了ページ2311
発行日2001-10
関連情報URL(IsPartOf)http://search.ieice.org/index.html
権利関係copyright c2008IEICE
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2008010102
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010102