Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルカエル類の日本脳炎ウイルス感受性について 第1報
タイトルヨミカエル ルイ ノ ニホンノウエン ウイルス カンジュセイ ニツイテ ダイ 1 ホウ
タイトル別表記Susceptibility of the Frog to Japanese B encephalitis Vitus I
作成者戸田, 光敬
鹿江, 雅光
佐々木, 耕治
万波, 三朗
作成者ヨミトダ, ミツヨシ
カノエ, マサミツ
ササキ, コウジ
マンナミ, サブロウ
作成者別表記Toda, Mitsuyoshi
Kanoe, Masamitsu
Sasaki, Koji
Mannami, Saburo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)アメリカにおいてWEEおよびEEEウイルスの越冬に爬虫類が主要な役割を果していること,一方わが国において土井らおよび著者らによってトカゲ,カナヘビおよびヤモリが日本脳炎ウイルスに感受性があり,しかも本ウイルス越冬の役割を果す可能性のあることを明らかにされた。同じく冷血動物に属するカエル類については黒田らにより感受性を有するのではないかとの報告がなされた。著者らはカエルからの日本脳炎ウイルスの分離ならびにカエルへの感染実験を1971年より実施してきた。この実験によってえた成績の大要次のとおりである。1.野外で捕獲したカエル類からHI抗体が検出され,しかも越夏とともに上昇する傾向がみられたが,日本脳炎ウイルスは分離されなかった。2.実験感染の結果ウイルス血症が出現し,接種後3-5日目が最も強く,少なくとも1週間は持続する。ただしウイルス接種量が低濃度の場合はウイルス血症の程度は弱く,持続期間も低い。3.ウイルス接種カエルにHI抗体の産生が認められ,3-4週間後に最高値を示す(最高320倍)。しかしながらウイルス接種量に影響されない。4.本実験の結果カエル塁は日本脳炎ウイルスに対して感受性があるものと考える。
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
24
開始ページ805
終了ページ816
発行日1973
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490024000014
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490024000014