Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルモチノキ(Ilex integra THUNBERG)から得られる白モチよりBetulin及びErithrodiolの単離
タイトルヨミモチノキ Ilex integra THUNBERG カラ エ ラレル シロ モチ ヨリ Betulin オヨ ビ Erithrodiol ノ タンリ
タイトル別表記Isolation of Betulin and Erithrodiol from White-birdlime : Prepared from Ilex integra^<*1>
作成者弘中, 孝史
山田, 雅久
江崎, 哲
西野, 勝哉
井手, 明雄
桝下, 一愛
作成者ヨミヒロナカ, タカシ
ヤマダ, マサヒサ
エザキ, サトシ
ニシノ, カツヤ
イデ, アキオ
ヤギシタ, カズヨシ
作成者別表記Hironaka, Takashi
Yamada, Masahisa
Ezaki, Satoshi
Nishino, Katsuya
Ide, Akio
Yagishita, Kazuyoshi
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)White-birdlime,named “Shiromochi”, was treated with 10% KOH EtOH solution to give unsaponifiable substances. From them, unidentified two compounds were isolated in addition to previously known triterpenoids, α-amyrin, β-amyrin, lupeol, and bauerenol. Structures of the isolated compounds were determined to be erythrodiol and betulin, from physicochemical properties and chemical reactions. From the results, all of triterpenoids containing in White-Birdlime were isolated and their structures were made clear after all.
本文言語jpn
主題農学
資料タイプtext
出版者山口大学農学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ノウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1715
NCIDAN00244250
学内刊行物(紀要等)山口大学農学部学術報告
掲載誌名山口大学農学部学術報告
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Agriculture, Yamaguchi University
35
開始ページ23
終了ページ30
発行日1987
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD490035000003
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D490035000003