Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル実験的急性腎不全犬における血液透析の効果
タイトルヨミジッケン テキ キュウセイ ジンフゼン ケン ニオケル ケツエキ トウセキ ノ コウカ
作成者齊藤, 有香
早崎, 峯夫
紺野, 克彦
作成者ヨミサイトウ, ユウカ
ハヤサキ, ミネオ
コンノ, カツヒコ
作成者別表記Hayasaki, Mineo
作成者所属山口大学農学部
内容記述(抄録等)ゲンタマイシン50mg/Kgを1日3回2日間皮下注射して急性腎不全を発症させた犬4頭に、ダブルルーメンカテーテルを用いて1回に90分間の透析を1日おきに計3回実施した。投薬後、血中尿素窒素値(BUN)および血清クレアチニン値(Crea)は、それぞれ80mg/dlおよび5.0mg/dlに達したが、透析による平均BUN除去率と平均Crea除去率は23.3%および17.3%であり、血液透析法は不均衡症候群などの副作用を起こすことなく、腎不全犬の治療に有効と判断された。
本文言語jpn
資料タイプtext
出版者文永堂出版
出版者ヨミブンエイドウ シュッパン
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0447-0192
NCIDAN00407628
掲載誌名獣医畜産新報
48
6
開始ページ449
終了ページ452
発行日1996
関連情報URL(IsPartOf)http://www.buneido-syuppan.com/jvm.html
著者版/出版社版その他
リポジトリID2008010239
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2008010239