Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル教育実習及び事前指導前後における実習生の諸意識の様相 (<特集>教育実践)
タイトルヨミキョウイク ジッシュウ オヨビ ジゼン シドウ ゼンゴ ニオケル ジッシュウセイ ノ ショイシキ ノ ヨウソウ トクシュウ キョウイク ジッセン
タイトル別表記Changes in Student's Consciousness about the a Teaching Profession and Teaching practice before and after Teaching Practice, Preliminary Training (<a special feature article> Pedagogical Practices)
作成者岸, 光城
作成者ヨミキシ, ミツキ
作成者別表記Kishi, Mitsuki
作成者所属山口大学教育学部
内容記述(抄録等)[はじめに] : 教育実習の期間(山口大学教育学部では、3年次後期に附属学校・園での基本実習4週間、4年次前期に公立学校での応用実習2週間)は、今日の欧米諸国の9~18週間、かつての師範学校の8~12週間と比べて長いものではない。限られた実習期間において、学生が教育実習に問題意識と意欲をもって臨み、実践的指導力の基本を出来るだけ多く学び取り、今後の課題を確立して大学、学部の講義・演習等により積極的に取り組むようにするためには、教育実習の事前と事後にそのための指導=学習が必要であるという認識は十数年来、全国大学の教育実習関係者の間でたかまっていた。 山口大学教育学部では昭和58年度から2年間、「教育実習検討委員会」において教育実習の問題点と改善の方向が検討され、報告書『教育実習の改善について』(昭和60年5月15日)がまとめられた。そこでは、「教育実習を大学・学部教育の一環として位置づけ・・」、「教育実習を教育研究課題の発見・把握、深化・統合をはかる体験学習の場としてとらえ、学生を指導する必要があること」、「そのために、事前指導・事後指導の充実をはかること」が提言された。それを受けて、昭和60年から2年余間にわたる「教育実習研究委員会」は、とくに教育実習事前指導の具体化をめざし、3年次前期に毎週1コマ、必修の教育実習事前指導としての授業科目「教育実践研究」の新設を中心とする報告所を提出した。このような準備期間をへて、平成3年度に試行実施した。昭和63年の教育教員免許法、平成元年の同法施行規則の改正によって、教育実習の単位には「教育実習に係る事前指導及び事後指導」の1単位を含むこととなり、平成4年度からは教育実習事前・事後指導が単位化され、本格実施されえ三年目を経過した。 教育実習事前・事後指導が所期の目標をどの程度達成しえているのか、学生において教育実習と大学・学部教育が有機的につながりえているのかについては、事前・事後指導実施計画をたて、指導を担当する側においても、いくつかの問題点を把握しており、来年度で現行実施要領5年目をむかえる段階で、諸種の調査研究をしつつ、教育実習事前・事後指導の改善構想をたてなければならない。
本文言語jpn
著者キーワード教育実習事前・事後指導
教職志望度
教職適性感
教職実習観
教育実践
資料タイプtext
出版者山口大学教育学部附属教育実践研究指導センター
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ フゾク キョウイク ジッセン ケンキュウ シドウ センター
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0918-1040
NCIDAN10185511
学内刊行物(紀要等)教育実践研究指導センター研究紀要
掲載誌名教育実践研究指導センター研究紀要
掲載誌名別表記Bulletin of the Center for Educational Research and Training
6
開始ページ99
終了ページ110
発行日1994
著者版/出版社版その他
リポジトリIDD030006000007
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D030006000007